ストレージの新時代となる3parの魅力

企業がITを活用するようになって久しく、多くの企業が効果的な活用を行っている現代に於いては出来るだけ多くの恩恵をITに求めるようになっています。導入が始まったころには現在の業務をITに移行することで業務の効率化を図ることが大きな目的でしたが、最近では業務の効率化だけではなくより多くの情報を統合的に管理するとともに、業務の進め方自身を改革するツールとしての利用が顕著になっています。


しかし、その為にはシステムの高速化と大容量化が大きな要素となりますが、従来のシステムでは高速化や大容量化に伴いその構造が複雑となり、日常のメンテナンスにかかるコストが肥大するという欠点がありました。



さらにシステムが停止した際のリスクが高くなる事から二重化等の問題も発生し、よりシステムにかかるコストが肥大するという悪循環が生じていました。

3parはこの問題を解決する画期的なストレージとして注目されています。その大きなメリットは3par独自の独立性と高速性にあります。

3parは高速アクセスを実現するためにメインシステムを介さずに独自にデータをやり取りできるダイレクトメモリアクセスを複数登載し、メインシステムの負荷を大幅に軽減するとともに、メインシステムの故障によるアクセス性の低下を防ぐ機能を持っています。

注目のFC2まとめ関連情報を解説します。

詩かも、これまでにない大容量のストレージを登載しているため、企業の大量のデータを迅速に保管し、必要な時に必要なシステムからアクセスできる機能を備える画期的なものです。