従来のストレージとは何が違う?3parについて解説

高度情報社会になり、扱われるデータの容量は急激に増加しています。



ビッグデータを取り扱う企業が増加しており、今後もこの傾向は続くといえるでしょう。
データ容量の増加に伴い、世の中のIT環境は日々進化しています。

その中でも特に大きな変化が見られるのがストレージの分野です。

利便性を重視したガジェット通信の知識が一目瞭然です。

従来はオフィスなどにサーバを置いて、データを管理するのが主流でしたが、今ではクラウドを利用するのが一般的になりつつあります。


旧型のコントローラーで運用するストレージのシステムにおいて、この変化は対応しきれるものではありません。
そこで注目されるようになったのか3parなのです。

3parはストレージとしての性能が非常に高いだけでなく、ユーティリティ・ストレージと呼ばれるのにふさわしい特徴を持っています。


即応性が高いことがその大きな特徴といえるでしょう。
クラウドにおいて俊敏に要求に対応してもらえることは、クライアントにとって大きなメリットです。
また管理が容易であることもクライアントにとっては嬉しいポイントといえます。



3parを使用する側は、物理的なデータの配置などを考えるなくても良いので、直感的に操作できるのです。


データ領域も効率的に分散して使用する仕組みであるため、リソースを有効活用できます。

データのボリュームを適切な位置に配置できるので、コストバランスの最適化も行いやすくなっています。

このようにあらゆる点において、従来のストレージにはないメリットがあるのです。